prhysm

きらきらと音を奏でるように光って

舞台雑誌を読んだよ

前半戦配達日にわたしのチケが届いたので確認したんだけどなんかもう絶望の一族。確かにみんなが言うほど3バルに去年文句言わなかったよ、言わなかったけどさああああああああ(´;ω;`)基本的にはどんな座席でも楽しめる自信あるとはいつも舞台ヲタやる上で公言してるけどさああああああああああ(´;ω;`)というわけでチケ確認してから落ち込みっぱなしです。最低3回はあの狭い小屋に入りたい!*1というところで舞台雑誌を買ってきた。張り切って買った。

  • ベスステ

表紙巻頭ピンナップまでありがとうございます。お写真良いー。メンバーから選抜6人の取材だけど、みんな良いテキストだよ。おじゃんぷさんはユニとしてダンスに力入れているだけあってさすがにみなさんダンス熱が上がっているようで何よりです。涼くんが外の世界を勉強しようと思っているのがわかってばばあ胸熱です。嬉しくて本屋で震えた。ダンスを極めようとしている涼くんを応援するってこの春決めたから、この夏はその意気込みをこの目で見るのが楽しみです。担当さんじゃないけどわたしにとってはゆーやくんはやっぱり特別な存在だから、ゆーやくんが今年もダンスでソロコーナーやるつもりなのもとってもとっても嬉しいよ。ただ、ダンスって技術的な面はもちろん魅せていくなかでとっても大切だけどやっぱり最後は気持ち。心なんだよね。みんなにはその部分を忘れずにがんばってほしいな。自分の魅せ方はこれ!っていうのを追求していってほしいです。

  • ルクスタ

おじゃんぷさんはやぶやま対談なんだけど、その前に巻頭表紙のぷれぞんカンパニーさんの取材ページをまじまじと読んで優馬くんのソロ取材テキスト読んで心の底から感動した。優馬くんが2作舞台を経験して舞台の面白さも怖さも気づき始めている…!それから、『大切なことは先輩の背中から学ぶ』ことに初舞台から1年で既に気づいている*2のは本当に感のよい子だなーと思います。誰かに教えてもらったんじゃなく、たぶんそういうことも滝様の背中を見て感じ取ったんでしょう。『言葉じゃなくて姿を見て学べばいいんや』と。さすがおじいちゃんが目をつけているだけはある。大物だ、この子。たぶんおじゃんぷさんでこういうことに気づいてる子ってあんまりいないんじゃないかなあと思うんだけどどうなんですかそのへん?(聞くな)
優馬くんが素晴らしいなあと思うのは、そうやって舞台を経験する中で感じたことをこうやって言葉にして雑誌の向こう側のヲタクに教えてくれるところ。伝えてくれるおかげで常々優馬くんの置かれる環境を羨ましいと思っているわたしの考えに間違いはないなあと思いました。ほんと最高の環境でいろんな経験出来てるよなー、優馬くん。しかもその経験を全てあますことなく次へと生かしている。素晴らしいですね!このテキスト、涼くんに読んでほしいなあと思いました。そして「くやしい」と思ってほしいです。涼くんも追うべき背中があるわけだから*3、間近に見るチャンスがあればいいのになあと思わずにいられない。前にも一度書きましたがサマリーを通して個人仕事でも舞台に立つチャンスを掴みとってほしいなーというのがわたしの願いなのです。負けず嫌いの涼くんだから向上心を失わずにこの夏優馬くんに負けないように輝いてね(*´∀`*)
で、肝心のやぶやま対談はそのしょーますとごーおん担同士(同志)ということで、真面目に語り合っておられますのでとてもスムーズに読み進みました。やぶちゃんソロコーナー、何を選曲してくるか楽しみだ。ていうか言っていいかなー。サマリーって先日初演見せてもらったら世界旅行よりあの事務所の歴史を辿る的な色のほうが全然濃かったですけど・・・?www

初演見せてもらったらすごい面白かったので、また改めて感想書き起こしたいです。ていってもザッとした記憶しかもう残ってないけどw

*1:わたしはなんでも3回リピったらだいたい満足できる

*2:しかも若干17歳で!

*3:だって憧れの先輩はしょーますとごーおん…!